永田紙業の産業廃棄物処理を調べてみた

永田紙業の産業廃棄物処理を調べてみた

永田紙業では産業廃棄物処理サービスを行っています。こちらの企業では、搬出と運搬、処理を行い、ゴミ問題にも大きく貢献していく姿勢があるようです。その取り組みについて紹介します。

永田紙業の産業廃棄物処理の概要

産業廃棄物収集運搬業としての許可は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県、静岡県静岡市で取得、特別管理産業廃棄物収集運搬業としての許可も、埼玉県をはじめ、群馬県、岩手県、神奈川県、栃木県、千葉県、東京都で取得、一般廃棄物収集運搬業の許可は、東京都八王子市、埼玉県熊谷市、埼玉県美里町、埼玉県寄居町、埼玉県鴻巣市、埼玉県深谷市、埼玉県上里町、群馬県高崎市、群馬県前橋市、東京都日野市で取得、さらに産業廃棄物処理許可証を埼玉県と群馬県高崎市で取得しています。

産業廃棄物の問題

ゴミ問題はよくメディアでも取り上げられている問題です。日本のゴミの排出量は世界で1位と言われています。年間で一つの家庭から1~2トンものゴミが出ていると言われています。日本においては環境問題と並んで解決しなければならない問題でもあります。これらのゴミを焼却した際にでるダイオキシン。この排出量も世界一という情けない現実があるのです。

この問題を解決するためにも、廃棄物の処理は重要です。永田紙業ではこの問題に貢献すべく、産業廃棄物処理サービスに力を入れる次第なのです。

ここで廃棄物について勉強しておきましょう。廃棄物には産業廃棄物と一般廃棄物があります。産業廃棄物には、事業活動にともない生じた廃棄物の中で法令で定められた20種類と、特別管理産業廃棄物があります。一般廃棄物には、家庭系ごみ、一般ごみ、事業系ごみ、粗大ごみ、し尿と特別管理一般廃棄物があります。

産業廃棄物にはどのようなものがある?

産業廃棄物に定められている20種類というのは、さまざまな業種から排出される、燃えがら、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず、鉱さい、がれき類、ばいじん、紙くず、業種が限定されるものである、木くず、繊維くず、某植物性残さ、動物系固形不要物、動物のふん尿、動物の死体、さらに以上の産業廃棄物を処分するために処理したもの、があります。産業廃棄物は一般廃棄物よりもずっと量が多く、土壌汚染や健康被害など、処理をする際の社会的な問題が生じているのです。

産業廃棄物のリサイクルをサポート

水銀やカドミウムなどの有害物質を含む産業廃棄物を有害廃棄物と言いますが、この有害廃棄物を処理するには、埋め立てて処分する場合には特別な構造の埋め立て地で処分するなど、厳しい規制に従い、取り扱わなければなりません。さらに廃棄物の処理をする場所も不足していることも、大きな社会問題となっています。また、不法投棄の問題もあります。不法投棄は違法なのですが、直接的な取り締まりがしにくく、問題解消が進まないという現状があります。廃棄物には、このようなさまざまな問題があるのです。

このような産業廃棄物処理を適切に行い、社会問題をなくすためにも、さまざまな業者がさまざまな取り組みを行っています。永田紙業では、R3サイクルシステムを推進しています。R3サイクルシステムとは、循環型社会を実現するために必要な3つの要素である、リソース(資源化)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)によって社会問題を減らしていこうというものです。産業廃棄物処理サービスもその取り組みの一つです。

選ばれる産業廃棄物処理業者とは?

産業廃棄物が多いということは、それを運搬・処理をする業者も多いということです。その中で選ばれる業者というのは、どういった業者でしょうか?

一つは許可を持っていることです。許可は当然のことではありますが、中には無許可で仕事をしている業者もいますので注意が必要のようです。もちろん、永田紙業は前述したように、しっかりと許可を申請し取得しています。依頼内容に合った仕事ができるよう、きちんと許可を取得しています。

また、実績があるかどうか、処理能力がきちんとあるかどうか、処理費用が極端に低くないか、契約書やマニフェストを作成しているか、処理業者の工場を案内してくれるか、運搬車輛や工場などが整備されているか、といった点をチェックするといい、とされています。こちらの企業はそういったチェックにももれることはなく、きちんとした仕事をするようです。

また、業者を選ぶ際には、スタッフの対応がどうか、といった点も重要とされています。誠意を持って仕事をしているか、挨拶や身だしなみがきちんとできているか、約束を守るか、といった社会人としての大事なことをきちんとできているかどうか、という点も重要です。こちらの企業のスタッフは、真面目で誠実。お客様を大切にするという企業理念のもと、一人ひとりが自覚を持って仕事に取り組んでいるようです。