永田紙業は地域密着タイプの企業なのか調べてみた

永田紙業は地域密着タイプの企業なのか調べてみた

資源回収を主な事業として展開している永田紙業ですが、同社ではリサイクル製品の企画や販売のほか機密文書処理といったサービスも提供しています。そんな永田紙業は果たして地域密着型の会社なのかどうか、ここでは検証してみます。

地域密着型の会社とは

そもそも地域密着型の企業とはどのような会社のことを指すのかということですが、正直な話これは明確な定義が存在しないため何とも言えません。ただ、普通に考えると特定の地域に密着し、そのエリアに根差して営業を行う企業のことを地域密着型の企業と呼ぶことがほとんどです。

地域密着型の不動産会社や歯科医院、工務店やリフォーム会社、銀行などが代表的でしょうか。地域に根差した企業運営を行い、その地域に貢献できるような事業を営んでいることが地域密着型企業の定義となるのかもしれません。それを考えると永田紙業は立派な地域密着型企業と考えて差し支えないでしょう。

各地に事業所を展開

永田紙業は関東を中心にいくつもの工場を展開させていることでも知られています。本社は埼玉県深谷市にありますが、埼玉県内だけでも複数の工場を展開させていますし、ほかにも神奈川や群馬、栃木といったエリアにも工場を展開させています。関東の各地に工場を展開させていますが、基本的にどの工場も独立的に事業を行っていますし、それぞれの工場がその地域に根差した運営を行っていることが特徴的です。

地域住民との連携を大切にしていますし、地域の方々から信頼されるような事業を行っています。地域の方からそっぽを向かれるような企業はこれからの時代生き残っていけないことを同社ではよく理解しているのです。

身近な企業になるための努力

永田紙業の公式ホームページには同社代表の挨拶も掲載されていますが、それを読むと同社は地域の方にとって身近な企業になりたいと考えています。リサイクルや回収、産業廃棄物処理といった事業は一般の生活を営む方にとって縁遠い存在だと思ってしまいがちですが、同社の代表はもっと身近に感じてほしいと考えているのです。そのための努力も惜しんでいませんし、これまでにもいろいろな取り組みを行ってきました。

ホームページを開設したのも多くの方により身近に感じてほしいという想いがあってのことですし、ホームページ上でさまざまな情報を発信しているのも地域に根差した企業として認識してほしいからでしょう。

信用第一の地域密着型企業

永田紙業はクライアントからの信用を第一とする企業ですし、信頼を得るためにあらゆるサービス品質の向上にも努めています。クライアントだけでなく地域住民の方からの信頼も得たいと考えていますし、そのための取り組みをしてきた実績もあります。

いくらクライアントからの信頼を得ることができたとしても拠点を置く地元の方から支持を得ることができなくては企業として成長することはできませんし、今後企業活動を継続していくことも難しいでしょう。

同社ではそれをよく理解しているからこそ地域に根差した営業を心がけているのです。今後も同社では地域に根差した企業活動を続けていくでしょうし、地域から親しまれる存在を目指していくと予想できます。

地域に根差したタイプの企業

多角的な企業経営を行う永田紙業がはたして地域密着型の企業なのかどうかについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。興味深い内容だったと思いますが、同社は紛れもなく地域に根差した企業活動を続けている会社と言えます。

地域に貢献できるような事業を行っていますし、地域住民からも親しまれている存在ですから同社が地域密着型企業であることは紛れもない事実と言えます。今後も地域密着型企業として成長を続けていくでしょう。