永田紙業の安定性を独自に調査した

永田紙業の安定性を独自に調査した

就職を決める際には、会社の安定性をチェックすることは重要です。現在では大手企業と言われている会社でも倒産する可能性があります。せっかく就職しても会社が倒産しては、仕事をすることができません。再就職先を探すのも大変です。そのようなことにならなおためにも、安定性のある会社に就職したいものです。では、永田紙業はどうでしょうか?

永田紙業の歴史

1959年に創業したこちらの会社は、すでに50年以上、60年近く続いている会社です。それだけでも安定性があると言えますが、永田紙業には安定性を感じさせる企業の成長があります。

スタートは古紙取扱い商社でしたが、現在では紙類の収集や引き取りだけではなく、各種団体の資源回収、機密文書の引き取り・シュレッダー代行業処理、産業廃棄物の処理サービス、一般廃棄物の収集・運搬なども行っています。トイレットペーパーやティッシュペーパーの企画制作や梱包資材・PPC用紙の販売なども手掛け、資源循環型のリサイクル社会にするための事業を一貫して行うようになりました。収益があり、将来性がなければできないことです。

事業所の拡大と設備の整った工場

これまでの歴史の中で、事業所も着実に増えてきました。現在では、埼玉県の深谷市にある本社と本社工場のほか、深谷岡部事業所、群馬前橋事業所、足利事業所、深谷事業所、前橋中央事業所、嵐山事業所、太田藪塚事業所、鎌倉事業所、本庄事業所、行田事業所、神戸事業所と多数の事業所を設置しています。

工場の中には2~3階建てで大型ヤードを持つ事業所があります。ベーラーや紐取り機、大型シュレッダーなどの設備も充実し、大量の回収したものを処理できる環境を整えています。土地なども新しく購入し、さらに作業ができる環境を整えていくようです。

大手の取引先とグループ会社

企業の安定性を見るには、取引先やグループ会社をチェックするのも必要です。永田紙業の取引先には、日本製紙株式会社、北越紀州製紙株式会社、レンゴー株式会社、王子製紙株式会社、信栄製紙株式会社、鶴見製紙株式会社、日本大昭和板紙株式会社、などといった大手の会社が名を連ねています。

グループ会社には明誠物流株式会社や、物流機器レンタル株式会社、NR株式会社があります。明誠物流株式会社はさまざまなタイプのトラックを持ち、あらゆるニーズに対応できる心強いグループ会社です。

さらに全国製紙原料商工組合や深谷工業連絡会にも所属しています。

安定した企業とはどんな会社?

安定性の高い企業に就職したい、と思うのは当然のことです。そのためには、どのような点をチェックすればいいのでしょうか?

一つは柔軟性だと考えられます。会社はずっと安定しているとは限らないものです。お客様のニーズも変わっていくもので、会社に求められるものも変わっていきます。そのときに、対応できる会社かどうかが大切なのではないでしょうか?お客様のニーズを常に把握し、それに適したものを提案できる会社が成長を続けていけるのだと思います。そう考えると、永田紙業は時代のニーズを敏感に察し、それに適している事業を展開していると言えるでしょう。

さらに広い視野を持てる人材を求めているということも、あらゆる視点から物事を見られる人材が多いことで、さまざまな可能性を見つけ、それを展開していくことが企業の安定性にもつながると考えられます。

老舗の会社は安定していると考えられますが、問題は体制です。性別や年齢に関係なく、意見が言える風土があるか、という点も安定した経営を続け成長できるかに関係します。風通しのいい企業であることが、安定し成長する企業の大事なポイントでもあるでしょう。

また、会社の安定をチェックすることも大事ですが、自分がその会社で長く働けるかということを認識することも大事です。会社が安定していても、自分がそこで長く仕事ができないと結局転職することになってしまいます。自分に適した会社かどうか?自分のやりたいことができる会社かどうかを見極めることも大事です。

将来性のあるリサイクル関連業界

ゴミがなくなることはなく、現在では環境問題を改善していかなければならないという意識が高まっています。そのため、資源回収や産業廃棄物処理、リサイクル製品の開発などの事業は今後も成長を続けていくと考えられます。しかも、あらゆる資源ゴミに対応できる設備や運搬車輛、施設の拡大や設備を充実させている企業は、安定して成長ができると言ってもいいでしょう。

しかし、今後はリサイクル方法などが進み廃棄物の量が減っていくことも考えられます。新規参入も増えていくでしょう。廃棄物だけ、資源回収だけ、といった事業に限定しないで、総合的にリサイクルに関する業務を総合的に行うとともに、技術力や設備、さらに経営力が必要になってくると考えられます。就職をする際には、それらができる企業を選択し、就職することが必要です。