どんな人間が永田紙業で働いていけるか考えてみた!

どんな人間が永田紙業で働いていけるか考えてみた!

永田紙業は産業廃棄物処理やリサイクルなどを主な業務として行っている企業です。高度循環型社会の実現を目指すと公言している同社ですが、ここではどのような人が永田紙業で働いていけるのかについて考えてみました。

リサイクルに興味がある人

永田紙業はダンボールや新聞紙、雑誌といった紙マテリアルの回収のほかさまざまな資源の回収業務を行っています。リサイクル製品の企画や販売もしていますし、リサイクル一般に関わる業務が同社のメイン事業と言っても過言ではないでしょう。そのため、リサイクルに興味がある人が同社で働いていけると考えられます。

もちろん、今現在同社で働いている社員の中にはリサイクルに大して興味がない、という方ももしかするといるかもしれません。

しかし、まったく興味がない人間がこの仕事を続けることは難しいと思いますし、多少なりともリサイクルに興味のある人間でないと長く働くことはできないのではないでしょうか。

地球環境改善に興味がある人

高度循環型社会の実現を目指していることで知られる永田紙業ですが、同社の事業というのは地球環境改善にも一役買っています。処分されるべきものをリサイクル品として回収し、ゴミにしてしまうのではなく新たな姿に蘇らせるというのは素晴らしい事業と言えますし、それが地球環境改善に繋がっているのは言うまでもないでしょう。

間接的に地球の環境を守っていることになりますし、同社で働いている方の中にもその誇りを持っている方は多いのではないでしょうか。そのため、地球の環境を守りたい、今よりも住みやすい世界にしたい、自分たちの子どもや孫が暮らしやすい地球にしたいという気持ちが強い方ほどこの会社で働いていけると考えられます。

クライアントのことを考えられる

永田紙業が行う事業はクライアントがいて初めて成り立つ事業です。クライアントが存在しないと同社の事業は成り立ちませんし、クライアントがいるからこそ同社は事業を行えているのです。しかも、現在では同社と同じような業態の企業は数多く存在しますし、たくさんの類似企業がしのぎを削り合っているような状態です。

そうした業界の中で生き残っていく必要がありますし、そのためにはクライアントから信頼されなくてはなりません。顧客の信頼を得るためには常にクライアントのことを考えなくてはなりませんし、同社で働いていくには顧客第一の精神で尽くせるだけの気持ちが必要なのです。

時代の流れやニーズが理解できる

永田紙業は自社の行動指針としてお客様のニーズを的確に把握し、迅速かつ誠実、確実に対応するということを掲げています。時代やクライアントのニーズを正確に把握するというのは事業を継続する上で非常に重要なことですし、それができないと業界でも生き残ることはできません。

また、この仕事を長く続ける上でもクライアントや時代のニーズを常に把握しようとする気持ちが重要となりますし、そのような気持ちが持てない人は永田紙業で働くことは難しいでしょう。移り行く時代とクライアントのニーズを常日頃から正確に把握しようと頑張れる人がこの会社で長く働き続けることができると考えられます。

真面目に務めることができる

最後に、当たり前のことですが真面目に働ける人でないと同社で働き続けることはできないでしょう。永田紙業は真面目で誠実な人材を求めていますし、クライアントに誠実な対応をするためには誠実な人間を採用しないといけないと考えています。

表面上だけ真面目な人だと長続きしないでしょうし、クライアントからそっぽを向かれてしまう恐れもあります。真面目にこの仕事に携われる人だけ同社で働き続けることができると思います。