明成物流株式会社は永田紙業のグループ企業だから調べた

明成物流株式会社は永田紙業のグループ企業だから調べた

永田紙業にはグループ会社があります。明成物流株式会社、物流機器レンタル株式会社、NR株式会社がそうです。グループ会社の一つである、明成物流株式会社について調べてみました。

永田紙業のグループ会社

明成物流株式会社は運送業を行っている会社です。永田紙業にとって運送は非常に重要な仕事の一つですから、信頼できる会社がグループ会社にあるというのは重要なことです。明成物流が永田紙業のグループ会社にあることで、どのようなメリットがあるのかを紹介しましょう。

グループ会社の一つは運送のエキスパート

明成物流株式会社では、さまざまな車輛を用意しています。お客様のあらゆるニーズに対応できるように、非常にデリケートな品物や機密文書、機密書類、を運搬するのに適した車両、工業製品や産業廃棄物などを運搬するのに適した車両など、多種多様な車輛をとりそろえています。どの車両も、安心して効率的に運送できるようにしています。さらに西は九州圏、北は青森地区までを網羅できるという点も、幅広いニーズに対応できるということです。

明成物流株式会社の所有する車輛

では、どのような車輛を所有しているのでしょうか?所有しているのは、トレーラーウィング車、セミトレーラーアームロール車、大型ウィング車、フルトレーラーアームロール車、大型ウィング(荷室可変2階)、分別君パッカー車(計量器付き)、ハイブリッドリンボーバンなどが主な種類です。これらの車輛が、200台以上あります。

トレーラは荷台が大きく、単体のトラックでは運ぶことができない荷物やたくさんの荷物を一度に運ぶことができます。ウィングボディとは荷物の積卸しがしやすいよう、バンボディの両側が開くトラックです。バンボディは荷台がアルミ製でできている箱型のトラックで平ボディより、風や雨から荷物を保護することができるという特長があります。平ボディは荷台がフラット型のトラックで、11~15トンの最大積載量が確保できるというトラックです。

安全運転が大事な仕事

運送業で重要なのが安全運転で、確実に荷物を運ぶことです。トラックの運転手は長距離を運転することも多く、疲労がかさむと居眠り運転などをしてしまうリスクもあります。そのようなことがないよう、会社はきちんと管理をしなければなりません。交通事故などを起こしてしまえば、会社の信頼にも響きます。

永田紙業はお客様のニーズに対応できるよう、信頼を大事にしており、細やかな配慮をするように心がけています。もちろん、これはグループ会社も同然です。子会社である明成物流株式会社は、Gマークの認定を得ています。これは、全国の貨物自動車の運送を適正であるか定めている社団法人日本トラック協会より、安全性優良事業所に認定された、ということです。

貨物自動車運送事業安全性評価事業というのは、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくすること、また事業者全体の安全性の向上に対する意識を高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する機関です。この機関から認定されているということは、信頼できる環境を整えているということでしょう。

さらに、他社に先駆けデジタルタコグラフを導入するとともに、固定型と持出型のアルコールチェッカーを導入しています。

運送業に携わりたいならおススメ!

運送業に携わりたいのであれば、こちらの会社はおススメだと思います。運転手として働くのであれば、安全体制が整っている、また運転手のことを大事にしてくれる会社を選ぶことが大事です。運転手は不足している状況の中、さまざまな会社が募集をしています。中には、無理なスケジュールで仕事をしなければならない環境の職場もあります。その点、こちらの会社は安全運転ができる環境のもと働けること、安全運転をさせる体制や環境があること、など運転手にとって安心して働ける環境があると思われます。

また、グループ会社には大手の永田紙業があり、将来性もあると考えられます。長く働きたいと考えているなら、安定性のある会社に就職することが大事です。安全に、安心して仕事ができる会社で、好きな仕事ができるのは魅力的なことでしょう。それができるのが、こちらの会社です。

運送業だけではない。実施しているサービスとは?

明誠物流株式会社は永田紙業のグループ会社です。お客様から信頼してもらえる企業になるための取り組みができるのも、同じ風土があるからなのでしょう。グループ会社に求められるものも把握しやすく、お互いが効率よく仕事ができ、そうできることで相乗効果が期待できるのです。

明成物流株式会社は、運送業はもちろんですが、その他にも様々な事業を展開しています。そのなかのひとつが倉庫業で、行田営業所があります。また、プラスチック成型材料製造業も行っています。今後は、総合ロジスティック企業を目指し、さまざまなお客様のニーズに対応できる取り組みをしていくとのことです。