永田紙業が業界で生き残れている理由を調べて考えた

永田紙業が業界で生き残れている理由を調べて考えた

リサイクルや資源回収、産業廃棄物処理などを生業とする企業は日本全国に数多く存在します。永田紙業もそうした企業の一つですが、ここでは同社が業界で生き残れている理由について検証してみたいと思います。

多角的な企業経営

永田紙業はその企業名からも分かるように主に紙マテリアルの回収やリサイクルなどを主な業務としていました。ダンボールや新聞紙、雑誌といった紙マテリアルを中心に回収するサービスをしていましたが、このような業態の企業は日本中に数多く存在します。永田紙業が業界の中で生き残れているのは紙マテリアルの回収業務だけにこだわることなく、多角的な企業経営に乗り出したからと推測できます。

事実、永田紙業は紙マテリアルの回収以外にもさまざまな事業を手掛けていますし、産業廃棄物処理やリサイクル製品企画、販売といったこともしているのです。このように、積極的な多角的企業経営によって同社は業界で生き残ることに成功したと考えられます。

信用第一でサービスを向上

資源回収やリサイクル、産業廃棄物処理だけを淡々と行う企業だと何の魅力もありませんし、似たようなサービスを提供する会社はたくさんあるわけですから業界で生き残っていくのは難しいでしょう。

では、永田紙業がそうした多くの企業がしのぎを削る中でどうして生き残ることができたのかということですが、同社は常日頃から信用第一をモットーとした企業経営を続けてきましたし、信用を第一に業務品質、サービスの向上に努めてきた実績があります。

どうすればクライアントから信頼してもらえるのか、どうすればお客さんに喜んでもらえるのかということを常日頃から考えて行動してきたからこそ業界で生き残ることに成功したのでしょう。

クライアントのニーズを把握

どんなに高品質で素晴らしいサービスだったとしても利用者のニーズにマッチしていないと見向きもされません。これはどのような業種でも同じことが言えますし、いかに利用者のニーズを掴むかが企業運営では重要になってきます。

成功している企業はニーズをしっかりと把握していますし、そのニーズにマッチした事業を行っているのです。永田紙業も例外ではなく、常に利用者のニーズを把握してきました。その時代とお客さんのニーズをきちんと把握し、マッチしたサービスを提供してきたからこそ多くのクライアントから支持されるようになったと推測できます。

地域社会との歩み

現代社会でビジネスを行う上で地域社会との連携は欠かせないものですし、地域から信頼される企業にならなくてはなりません。法令をしっかりと遵守し、地域社会に貢献できるような企業が生き残れるような時代です。

永田紙業は以前からそれをきちんと理解していましたし、地域に貢献できるような企業であらんとしてきました。地域に貢献できるようにさまざまな取り組みを行ってきた実績がありますし、同社は確かに地域の方々から信頼されています。

こうした地道な努力が実り、業界でも生き残ることができたのではないでしょうか。地域社会と共に歩めるような会社作りを推進してきたからこそ今の同社があると考えられます。

当たり前のことを当たり前に

多くのライバルがしのぎを削っている業界でどうして永田紙業が順調に業績を伸ばしているのか、生き残れているのかについて考えてみましたが、いかがだったでしょうか。よくよく考えてみるとどれも当たり前のことばかりですし、成功している企業の多くはここに記述したことをすべて守れています。

ただ、その当たり前のことが難しく、なかなか実行に移せないという部分もあるでしょう。同社は当たり前のことを当たり前にやってきたからこそ今があるのです。