永田紙業の職場環境とは?ホームページからみる企業体質!

永田紙業の職場環境とは?ホームページからみる企業体質!

こちらの企業の求人が気になっている方は多いでしょう。それでは実際にどのような職場環境となっているのでしょうか。ホームページをチェックしてみて分かる企業体質について紹介しましょう。気になる方は参考にしてください。

永田紙業はリサイクルを事業としている企業

こちらはどのような職場環境となっているのか、ホームページから得られる情報をまとめました。まず、永田紙業の基本的な情報を紹介しましょう。

こちらはリサイクルを推進しています。そのための事業を展開しているのです。循環型社会を実現させることを目標としており、そのために資源の回収から廃棄物の処理、さらにはリサイクル製品の展開などをワンストップで行っているのです。そのまま捨ててしまうとゴミになってしまうものをしっかりと回収して、それを再利用できるようにしています。そうすることによって、資源の有効活用を推進しています。地域の人達のさまざまなニーズにしっかりと応えており、幅広いものを回収しているのが特徴です。リサイクル活動にずっと取り組んできた企業です。

経営理念について

永田紙業は経営理念としてR3サイクルシステムの推進を行っています。R3とは資源化と再利用、再資源化です。これらのサイクルを推進することによって、持続可能な発展を可能とするのです。そのための環境づくりに貢献しようとしています。高度循環型社会が日本で実現することを願っているのです。そのために自分達にできることに取り組んでいます。

永田紙業はこのような理念を実現するための行動指針を定めています。まず顧客から信用を得ることを重要視しており、そのために業務品質やサービスの向上に努めています。どのようなニーズが存在しているのかしっかりと把握して、それに確実に対応できるようにしているのです。また、法令をきちんと守ることを大事にしています。そして、地域社会への貢献を目指しているのです。常に自己や組織の変革を大事にしており、それによってどんどん進化していく組織であることを目指しています。このような行動指針を社員は大事にしているのです。

さまざまな工場を有する

永田紙業はたくさんの工場を有しているのが特徴となっています。たとえば本社の工場は埼玉県の深見市に所在しています。こちらは会社にとっての要となっています。多くの社員が働いており、とても広大な敷地面積があります。事業規模の大きさを示しているといえるでしょう。本社工場には営業と管理の部門があり、さらに物流の拠点としても機能しています。会社全体を支えており、こちらが中心となって会社が機能しています。

さらに群馬県にも工場があります。こちらは高崎市に事業所が設置されています。地域内の営業をしており、地元に根ざした活動をしています。県内に3つの事業所が展開しています。また、栃木県にも工場があります。さまざまな工場を有しており、それぞれが資源の有効活用のために機能しているのです。回収したものが運ばれていき、それが再資源化されたり、製品化されていくのです。自社でさまざまな加工をしているのも永田紙業の特徴となっています。

自社の利益よりも国益を優先する

永田紙業は日本に貢献することを一番大切なことだと考えています。たくさんの古紙を扱っており、それは海外でも需要があります。たとえば中国では古紙の需要が高まっています。そのため、実際に中国に対して輸出しているような企業も出ているのですが、永田紙業はあくまでも国内で資源を活用することにこだわっています。国内事情や流通事情のことをきちんと考慮しているのです。そのため、回収した資源を輸出しないことにしています。

永田紙業は日本が循環型社会になるためにできる限りの貢献をしたいと考えているのです。そのために自社の利益を度外視して日本への貢献を大切にしています。それが結果的には自分達の利益になると考えているのです。社会貢献度の高い事業を展開しており、日本の問題を解決したいと願っているのが永田紙業です。このような企業としての姿勢は高く評価されています。なかなかできることではありません。

総合職や営業事務を募集している

こちらでは総合職と営業事務を募集しています。総合職では資源回収をするための収集運搬ドライバーとして最初は働くことになります。そのあとに適正や希望に応じて本社管理部門に配属になったり、営業の仕事をすることになります。もちろん、ドライバーとして働き続ける方もいます。一方、営業事務というのは営業担当者のサポートをすることになります。

このような職種の人達が働いているのが永田紙業です。営業担当者であっても最初はドライバーとして勤務することになるのが特徴となっています。これは、こちらの企業が現場を経験することを大切にしているからでしょう。それによって視野を広げることができます。それが幅広いニーズに対応するために必要なこととなるのです。

常に顧客のニーズに合ったサービスを提供することを目標としており、それが可能となる社員の育成にも力を入れているのです。このような企業体質となっているのが永田紙業です。ホームページから分かる情報をまとめました。