永田紙業には色々な工場がある?全部調べた

永田紙業には色々な工場がある?全部調べた

リサイクルや回収、産業廃棄物処理事業を行っている永田紙業は複数の事業所を展開していることで知られています。そこで、ここでは永田紙業が展開している工場、事業所などについて調べてみたのでぜひ目を通してください。

本社工場について

永田紙業の本社工場は埼玉県深谷市にあります。同社の要として機能している本社工場で、日々大勢の社員が働いています。各地に数多くの向上を展開してる同社ですが、その中でも本社はもっとも大きな敷地面積を誇っており、その広さは15000平方メートルとなっています。これは相当な広さですし、同社の事業規模の大きさが窺えるでしょう。

こちらの本社工場には営業部門や管理部門も備えていますし、物流拠点工場にもなっています。名実共に同社を根底から支える工場として機能していますし、全工場の司令塔のような存在と言っても過言ではないでしょう。国道140号線からほど近い場所に工場があり、秩父鉄道武川駅からのアクセスも良い立地です。

群馬に展開する工場

群馬エリアにも永田紙業の工場はあります。群馬前橋事業所は高崎市にあり、群馬県のほぼ中央に位置しています。地の利を生かした営業を心がけており、地域との連携をとりながら地元に根差した運営を行っていることが特徴と言えるでしょう。交通の便も良い場所ですからアクセスもしやすく、北関東の基点となるよう取り組んでいます。

前橋中央事業所は前橋大島駅からほど近い場所にあり、環境とリサイクルに取り組む事業所となっています。敷地面積は7800平方メートルで、先ほどの前橋事業所と双肩をなすこのエリアの主要工場として機能しています。また、群馬エリアにはもう一つ太田藪塚事業所が営業しています。

栃木に展開する工場

栃木エリアにも永田紙業の工場は存在し、足利事業所が栃木県足利市で稼働しています。敷地面積は4000平方メートルとなっており、お客様第一をモットーに誠実で堅実な工場運営を行っていることが特徴の一つです。国道293号線がすぐ近くを通っていますし、国道50号バイパスも近くを通っていますからアクセスもしやすい立地と言えるでしょう。栃木にはこの工場だけしかありません。

その他の工場

東京のベッドタウンでもある埼玉県にも永田紙業の工場が展開しており、深谷市に深谷事業所があります。地域住民から愛される工場になるべく日々努力していますし、すべての従業員が働きやすい職場環境の改善も行っています。誰でも気軽に見学を受け入れているのも特徴的で、見せたい職場でありたいと考えています。機密保持の高い事業も行っているためそこは見ることができませんが、それ以外の部分はだいたい見学OKとなっています。

嵐山事業所は埼玉県比企郡嵐山に工場があり、敷地面積は8600平方メートルと広大です。埼玉にはほかにも本庄事業所や深谷岡部事業所などがあり、複数の工場が稼働していることが理解できます。また、神奈川県鎌倉市には鎌倉事業所が稼働しています。

数多くの工場を展開

ここまででご紹介したように、永田紙業は数多くの工場を各地に展開しています。これほど数多くの工場を展開することができるのは同社がそれなりの事業規模を維持して事業を行っているということですし、地域や時代からも求められているということにほかなりません。

地域との連携も視野に入れた企業活動を続けていますし、今後もさらに同社の工場は各地に誕生するのではないでしょうか。

今後同社がどのように事業展開をしていくのかは不明ですが、時代と人々から求められる事業を行う以上今よりもさらに事業規模を大きくしていくことは簡単に想像がつきます。今後の活躍からも目が離せません。